社務だより | 延喜式内 飯野山神社

神社が創建されてから1910年以上の歴史を誇る、宮城県内最古の神社が「延喜式内飯野山神社」です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 社務だより「人生儀礼」・・・・・(8/29) | main | 社務だより「秋桜が咲きました」・・・・・(8/31) >>

社務だより「初宮詣」・・・・・(8/30)

0

     「 社務だより」にアクセスの皆様・・おはよう御座います。

     

             

     

    扨、今日の社務だよりでは、

        人生最初の儀礼「初宮詣」に付いて記載します。
                        
     お子さんが生まれてから、初めて氏神様や崇敬している
     神社にお参りすることを、「初宮詣」と言います。


                 


      男児32日目・女児33日目に詣でるのが一般的です。

     地方によっては、50日又は100日とする所もあります。

                    

     初宮詣をすることで、地域社会の仲間入り「氏子入り」と

    する「しきたり」が、昔はあったようですが、今は薄れて

    来ました。

      我々、神職の教化活動の怠慢ですかネ。

      扨、初宮詣のほかにも、新生児には、

     「お七夜」・・・・・・・生後七日目に行われる命名式

     「お喰い初め」・・・生後百日目に初めてお膳を頂く儀式


         <歯固石>


     当社では、初宮参りの際に、歯固石を授与しております。

    東北地方では、あまり見られない「歯固石」ですが、関西では
    お子さんの歯が丈夫になるようにと、氏神様の境内から玉石を
    頂き、お喰い初めの後に、氏神様にお返しする風習です。

     「初節句」・・・・・・生後初めて迎える節句            
                      女児〜雛祭り(3月3日)
                             

            男児〜端午の節句(5月5日)
                           

                               
    本日は、初宮詣に関してと、初節句について記載しました。


    次回の社務だよりでは、「七五三」について記載します。


           東日本大震災から8年半。

     当地の復興は大分進みました。物事は、考え方ひとつ

    人は・・・・・
       他人と過去を、変える事は出来ませんが、
      
       自分と未来は、変える事が出来ます。


             

     私には、元気な身体があります。

         ・・・最後まで、あきらめず・・・
     今日一日を「一日の枠の中で、精一杯生きる」

       後で、後悔しないように。


      後悔は・・・過去の出来事

     「あの時、こうしてれば・・こうやっていれば」
      
      不安とは・・・未来の出来事

     「もしも、出来なかったら・・間に合わなかったら」

      私達は、タイムスリップして、過去や未来に行けません。

       今、その時を、精一杯、生き抜く事です。

     私は、「一日の枠の中で生きる」と云う事を、
      心構えに、日々生活しています。


           
     毎日「新しい一日」を神様から頂きます。
     
     一日を人生に置き換え、その時、その瞬間を真剣に。

     

    後悔しない人生の為に・・・・・・・(仕事も・遊びも)

    「社務だより」にアクセスの皆様には、
        今日が、最良の一日であります様
                  お祈り致します。
            
      宮司 

    - | permalink | - | - | - |