社務だより | 延喜式内 飯野山神社

神社が創建されてから1910年以上の歴史を誇る、宮城県内最古の神社が「延喜式内飯野山神社」です。
<< April 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 社務だより「4/6・境内だより」・・・・・(4/7) | main | 社務だより「追分温泉神社春祭・新茶の入れ方」・・・・・(4/9) >>

社務だより「昨日〜新茶を注文しました」・・・・・(4/8)

0

     社務だよりにアクセスの皆さま「おはようございます」

     

            

     

      昨日、今年の新茶を注文しました。

     

      私は、コーヒーも好きですが、

    一番は「日本茶」その中でも、毎年、戴く「新茶」は格別です。

                         

     来月の連休の頃に、お茶屋さんから届く予定です。

     

      届くのを、楽しみに、心待ちに待っています。

     

         

    今日は、その様な理由から

         「お茶に付いての一考察」です。

     

    「♪ 🎶 ♫ 夏も近づく八十八夜と、昔はよく耳にしましたが、

    この中の「八十八夜」とは、立春の日から「八十八日目」

      何故、その様に呼ぶようになったかと言いますと、

     昔の日本は、農業に従事する人が多かった事から、

       ちょうど此の頃が、種まきや田植えの準備、

     茶摘みなど春の農作業を行う時期にあたっているからです。

     

              

     

    八十八夜の数日後には、二十四節気でいう「立夏」になる事もあり、

      昔の人々は、この時期を

          「夏の準備を始める目安」ととらえていました。

     

     今年の八十八夜は、5月2日で、立夏は5月6日です。

     

    又、農業に携わる方々が、八十八夜を特に大事にした理由として

    考えられるのは、八は末広がりの数字であり

    「八」「+」「八」の3つの字を組み合わせると「米」という字に

    なる事から大切にされてきました。

          

     

     扨、明日の社務だよりでは、新茶の栄養素、美味しい頂き方について

    ご案内する予定です。

     

     今日も一日「一日の枠の中で頑張りましょう」

                 宮司

    - | permalink | - | - | - |