社務だより | 延喜式内 飯野山神社

神社が創建されてから1910年以上の歴史を誇る、宮城県内最古の神社が「延喜式内飯野山神社」です。
<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 社務だより「みどりの日=祝日」・・・・・(5/4) | main | 社務だより「今日は、立夏」・・・・・(5/6) >>

社務だより「子供の日」・・・・・(5/5)

0

     社務だよりにアクセスの皆さま「おはようございます」

     

      今日は「こどもの日=端午の節句」祝日です。

     

                           

        

    子供さんのいるご家庭では、大忙しの一日でしょう。

     

      大事に・大切に・事の善悪を、確り躾し育てましょう。

    「躾・しつけ」とは、漢字が示す通り身が美しいと書きます。

    確り躾された子供は、将来、周りから好かれる人になる事を心に、

    ただ可愛いと甘やかすのでは無く、家庭内で育てたいものです。

     

    拝殿前の「躑躅」が咲き始めました。

    此れからが楽しみです。

     

                                    

     

    冬の寒さに耐え、そして綺麗に咲く、人にも同じ事が、言えますネ。

    拝殿前の欅も、昨年、足利ロータリークラブから奉納された

    「櫂の木」芽吹き始めました。

            

     

       昨日は、福島から山形からも、お参りに来られ

     御朱印を受けて帰られました。

                     「5月1日に書いた見本です」

      山形から来られた参拝者には、

        丁寧に書いて頂きと、喜んで帰られました。

     お見送りの途中に気付いて、

        写真を写しましたが、小さくて見えませんネ。

                         

      明日は「立夏」暦の上では「夏」になりますが、

     朝晩と日中の温度差が激しいですから、

          健康管理に心掛けて過ごしましょう。

     扨、昨日も版木の補修作業を行ってましたが、

    神輿堂扁額の上に珍客がありましたのでご覧下さい。

              

     「珍客は長床に巣を造った「燕の親」です」

    未だ、雛の姿は見えませんので、卵を温めている状態です。

    巣立つまで大切に見守ります。

     

     昨日、補修作業を行った兼務社「愛宕神社」の版木です。

              

     

      今日も一日、一日の枠の中で神社で頑張ります。

                宮司

    - | permalink | - | - | - |