社務だより | 延喜式内 飯野山神社

神社が創建されてから1910年以上の歴史を誇る、宮城県内最古の神社が「延喜式内飯野山神社」です。
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | permalink | - | - | - |
    << 社務だより「東北の夏祭、明日で終了」・・(8/19) | main | 社務だより「延喜式に付いて(2)」・・・・・(8/21) >>

    社務だより「延喜式について」・・・・・(8/20)

    0

         社務だよりにアクセスの皆さま「おはようございます」

       

            

       

            

                 第二鳥居

       

                             

                      社務所から第二鳥居

       

       

                大鳥居と社号碑

       

         

               神橋脇の掲示板

       

          扨、当社は「延喜式内社」ですが、

             延喜式内社に付いて、ご案内です。

                          
         日本三代格式「喜式」について、ご紹介致します。

         当社は「延喜式」に記載されている式内社です。

         

       


         中央が、延喜式内社飯野山神社・拝殿と本殿。
         左側が、摂社熊野神社。
         右側の鞘堂が末社、八幡神社・稲荷神社・天神社。


              

              朝霧の第二鳥居と神門長床

       


       社務所脇参道から宝物殿、その先が第二鳥居で上が神門長床。

       

                         

             神橋から掲示板、その奥が大鳥居

             大鳥居の前に、社号碑と手水舎。

       



        詳しくは「ホームページの境内案内」を、ご覧下さい。


                 
          延喜式(えんぎしき)とは、
         平安時代中期に編纂された格式(律令の施行細則)で、
         三代格式の一つです。

      三代格式のうち、ほぼ完全な形で残っているのは延喜式
      だけです。
      細かな事柄まで規定されているので、古代研究のうえで
      重要視されています。

      延喜式の成立は・・・・
      905年(延喜5年)・醍醐天皇の命により藤原時平らが
      編纂を始め、時平の死後は、藤原忠平が編纂に当たり
      「引仁式」「貞観式」とその後の式を取捨編集し、927年
      (延長5年)に完成しました。
      その後改訂を重ね、967年(康保4年)より施行されました。


      <構成>
      全50巻、約3300条からなる。
      律令官制に従い、以下のような構成になってます。

      ● 巻1〜10
           神祇官関係の式(この部分を神祇式という。
           また、巻9・10を特に「延喜式神名帳」という。
      ● 巻11〜40
           太政官八省関係の式
      ● 巻41〜49
           その他の官司関係の式
      ● 巻50
           雑式
       
      <内容>
      神祇官関係の式
       巻8に、祝詞を掲載。
       巻9・10は、神名帳(神社の一覧表)となっていて、
       祈年祭で奉幣を受ける2861社の神社が記載されている。


       延喜式神名帳に記載がある神社は、当時朝廷から重要視
       された神社であり、一般に式内社と言って社格の一つと
       されたが、現在では消滅したり不明となっている神社も多い。

      太政官八省関係の式
       巻22の民部省上の中に、「凡諸国部内郡里等名 併用二字
       必取嘉名」とあり、全国の地名が変更されました。
       巻23は民部省下です。
       巻24の主計寮上には、全国への作物の割り当てが書かれて
       おり、当時の全国の農産物、漁獲物、特産物が理解できる。
       第25の主計寮下である。
         以上のような内容です。



        延喜式が施行されたのが、西暦967年ですので、
         今から1052年前の法律施行細則と云う事になります。
                    次回をお楽しみに。

       

           今日も一日「一日の枠の中」で励みましょう。


                
                         宮司 

      - | permalink | - | - | - |

      スポンサーサイト

      0
        - | permalink | - | - | - |