社務だより | 延喜式内 飯野山神社

神社が創建されてから1910年以上の歴史を誇る、宮城県内最古の神社が「延喜式内飯野山神社」です。
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 社務だより「彼岸に付いて」・・・・・(9/11) | main |

社務だより「神社神道のお彼岸」・・・・・(9/12)

0

     社務だよりにアクセスの皆さま「おはようございます」

     

     今日12日から「日本女子選手権 コニカミノルタ杯」が

    兵庫県三木市チェリーヒルズGCで始まります。

     

     

                    

     

               

     私の興味は当然の事、誰が優勝するかもありますが、

    28ラウンド連続オーバーパー無し、

    国内ツアー最長記録に並んでおり新記録の期待が懸かる

    全英女王渋野日向子プロです。

     連続記録を更新して新記録を達成して下さい。

     

     

    扨、今日の社務だよりは「神社神道のお彼岸」に付いてです。

                                 

                    

    皆さんは中には、お彼岸は仏教の行事と思っている方が

    多いのではないでしょうか・・・・・???


     彼岸は本来の仏教には無い行事で、

             その起源を遡っていくと・・


    「日本人の祖霊信仰や農耕生活に根付いた

                神道のお祭りと云えます」
    仏教が日本に伝来して以降は、

    仏教と深く結び付くようになり、今では、彼岸は

    仏教の儀式と思っている方が多くなりました。

    「彼岸」という言葉は仏教用語で、

    私達が生きているこの世を此岸(しがん)と云いますが、

    反対に、死者のいる世界を彼岸と呼びます。

     

     亦、此岸が煩悩(様々な欲望)で迷い苦しむ所であるのに対し、
    彼岸は悟りを得た涅槃の境地であると仏教では教えます。

     ではなぜ彼岸が春と秋にあるのかというと、それは浄土教
    (浄土宗・浄土真宗・時宗・融通念仏宗)等では「阿弥陀仏の
    おられる極楽浄土の世界は西方にあり、春分の日と秋分の日に
    それぞれ真西に沈んでいく夕日を拝んで熱心に念仏を唱えれば
    必ず極楽に往生する事ができる」と説いていた事に由来します。

     彼岸会に、落日を拝む風習が定着したのもこの為です。

    しかし、日本に大陸から伝来する以前から、固有の信仰(神道)に
    よってご先祖をお祀りする年中行事が営まれており、
    特に彼岸には、太陽を崇拝する行事を行う所が多かった様です。

     例えば、丹後(京都府)や、但馬・播磨(兵庫県)等では、
    春分の日の朝は「日迎え」といって東のお堂に集まり、
    昼には南のお堂に移動し、夕方には「日送り」といって
    西に集まって拝むという風習がありました。

     つまり、一日中、太陽のお供をして歩くわけです。

     以上の事柄から一考察してみても、

    お彼岸は仏教のみの行事で無く、仏教伝来以前は、

    日本固有の信仰(神社神道)に基づき行っていたと
    考える事が正のではないでしょうか。

     


     当社では、摂社熊野神社内の祖霊殿で、

    神葬祭の神徒さんと共に先祖供養と秋季御霊祭を斎行して、

    ご先祖様への感謝を行っています。


       明日は、もう少し詳しくお伝え致します。


                   宮司

    - | permalink | - | - | - |