社務だより | 延喜式内 飯野山神社

神社が創建されてから1910年以上の歴史を誇る、宮城県内最古の神社が「延喜式内飯野山神社」です。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 社務だより「稚児やぶさめ神事ご案内」・・・・・(3/10) | main | 社務だより「暦の選日に付いて」・・・・・(3/12) >>

東日本大震災から八年・・・・・(3/11)

0

      社務だよりにアクセスの皆様「おはようございます」

     

     

     震災の前の年「平成22年5月」震災で亡くなった次男裕敬と

    一緒に植えた拝殿脇の榊が、この様に大きく育ちました。

     

    早いです・あれから八年の歳月が過ぎました。

    次男の忘れ形見「裕翔」も四月から小学二年生になります。

    元気に前を向いて歩まないとと、心に刻む毎日です。

     

          

     


     

     扨、あの悪夢のような東日本大震災から早8年・・・・・

    震災の日は、雪が降る寒い日でしたが、今年は雨です。
    大勢の善意に支えられ、此処まで進んで来る事が出来ました。
     


     今は、午前7時前、7年前の今頃は、普段通り
       朝の御祈願「朝拝行事」を終えた所です。

      まさか8時間後に、あのような大地震が発生するなど
    予想もしてなかった・・・・・。

     

     

     大川小学校傍の北上川ですが、大津波が逆流してる状況。

    釜谷大橋の一部が大津波で、上流へ200m程流されました。

     

    <石巻市街地を襲う大津波>

     

                  

         一ヶ月後・・・石巻漫画館だけが残ってます。
     

      自然の猛威の前に、人の力など成すすべ無し・・・・・。

     改めて自然の成す偉大さ・・・に、恐れを抱きました。

     私も、最愛の息子を大津波で持って逝かれました。
      未だ23才・・・・・早すぎる命でした。

    何もなければ31才


      現実を受け入れる・認めるまで時間がかかりました。

     倅は、一ヶ月後の平成23年4月10日、大勢の方々の

    お力添えにより
      発見され変わり果てた姿で帰宅・・・・・。


      8年前の4月22日、葬儀をさせて頂きましたが、

     周り一面に咲き乱れる

         菜の花、桃、さくら、ラッパすいせん

     

    葬儀に参列された方が、まるで桃源郷のようですネ。と、ポツリ

     

                  

     

    その様な穏やかな中で、無事に葬儀も済ませる事が出来ました。

     今日は、午前10時から祖霊殿で御霊慰祭を行い、

      引続き奥都城(お墓)に、お参り致します。

     あれから8年、

       今は、現実を受け入れ「前を向いて」歩んでます。

     

     あの年の8月30日、

      一緒に暮らしてた嫁が元気な男の子を無事に出産。

     

        倅の「忘れ形見」です。

     

      その孫も、来月から小学2年生です。

     

         

     

       七五三の時の写真。

         元気に参道を昇る次男の忘れ形見「孫」

     

                       

     

                長女の娘と、ふざけあう二人です。

     

     七五三祈願祭で、ママと一緒に玉串奉奠を行う「孫」

     

     神様のご加護と、

          大勢の方の愛情で、此処まで大きくなりました。

     自然の偉大さ、自然の力の前に、人の力の無力さを再認識し、
    「目に見えないものの大切さ」

        「目には見えない物の中にこそ、大切な物がある」

              事を伝えて参ります。


           


     

     

     

     今日は、特別な日ですが、

       今日も「一日の枠の中で、前を向いて励んで参ります」 

     

                                 宮司                 

     

    - | permalink | - | - | - |