社務だより | 延喜式内 飯野山神社

神社が創建されてから1910年以上の歴史を誇る、宮城県内最古の神社が「延喜式内飯野山神社」です。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 社務だより「夏越大祓・茅の輪神事」ご案内・・・(6/7) | main | 社務だより「香取・鹿島さんに付いて」・・・(6/9) >>

社務だより「靖国神社・護国神社」ご案内・・・・・(6/8)

0

      社務だよりにアクセスの皆様・・「おはよう、御座います」

                       

        御鎮座1910年記念改修事業前の第二鳥居

       今から20年前・平成11年当時の第二鳥居です。

     

     

    今から10年前・平成21年に改修工事を終え明るくなった

    第二鳥居と参道です。

             <<改修工事後の社殿>>

     

     

     

         躑躅が咲き始めた先月の写真です。

     

     扨、今年は、例年より早く梅雨入りとの事。

        当地も昨日の夕方から、しとしと雨模様です。

     田植えも終わり、これからは田の草取りの時期になります。

            

     

    昨夕、日本会議石巻支部・第五回総会が、石巻の友福丸で開催。

    平成30年度は、

    日本会議仙台支部長を務められた宮城県護国神社田中宮司様、

    亦、当石巻支部長を務められた盒胸拮長のお二人がご逝去。

     

    お二人は、日本会議・仙台支部、石巻支部の設立に尽力された

    先生でした。

     

     今日は、その様な事もあり、お二人と縁の深い、

    靖国神社と宮城県護国神社に付いての投稿です。

     

            

     

     戦争や事変の際「国のために生命を捧げた人々を祀る御社」

    靖国神社と、各県に祀られている護国神社についてご紹介します。

      靖国神社は東京九段にあり、大鳥居をくぐる遺族や
    その他の参拝者のあとが絶えません。

     
      
      戦争や事変の困難に当り、国のために生命を捧げた人々の
        御英霊二百四十余万柱がおまつりされています。


       
             
      <<東京九段の靖国神社・祭儀>>


     
     明治二年、東京招魂社としておまつりされたのにはじまり、
    明治十二年・靖国神社と改称され現在にいたるのですが、
    その間、国難に殉じられた英霊を合祀して参りました。

      各県には護国神社があり、やはりその県出身の護国の英霊を
     おまつりしている御社です。



      
        <<宮城県護国神社・大鳥居から社殿を望む>>

     
            

                    <<宮城県護国神社・拝殿>>


      
               <<宮城県護国神社春季例大祭>>

     昭和十四年に県の招魂社から護国神社に、
                ご社名が定められました。

     有名無名を問わず、国家・社会につくし「尊い生命」を捧げた
       人々の英霊に対し、感謝と敬意をもって崇めるのは、
           日本の国柄から当然の事といえましょう。

        

     

                                  
       東京九段の靖国神社
       宮城県仙台市天守台に鎮座する宮城県護国神社に、
       年に一度はお参りし、この日本の繁栄・国の礎のために

       尊い生命を捧げた御英霊に感謝することは、日本人として

       当然の事と、私は考えます。

        私も、春秋の例大祭のどちらかに参列。
       又、何年かに一度、本務兼務神社の総代さんを案内して、
       宮城県護国神社に正式参拝しております。


      

     

                        

      

    扨、今日も
       「一日の枠の中で生きる」事を心に励みます。

      今日は土曜日、神社で「茅の輪御守」の奉製と、

      明日の地鎮祭の準備です。
               宮司

    - | permalink | - | - | - |