社務だより | 延喜式内 飯野山神社

神社が創建されてから1910年以上の歴史を誇る、宮城県内最古の神社が「延喜式内飯野山神社」です。
<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 社務だより「八幡さま」・・・・・(6/4) | main | 社務だより「二十四節気、芒種」・・・・・(6/6) >>

社務だより「浅間さんに付いて」・・・・・(6/5)

0

      社務だよりにアクセスの皆様「おはようございます」


     扨、今日の社務だよりは「浅間さま」のご案内です。

       


       浅間さまは、一名「お富士さん」とも呼ばれ、
          富士山の信仰から生まれた神社です。


        


        山国の日本には、神秘で静寂な山々を拝して
             お祀りされた神社は少なくありません。
        
        まして・・わが国最高峰を誇り、美しいわが国土を
       象徴する秀峰富士山の、荘厳で雄大な姿に、
      先祖の方々が、朝夕手を合わせた事は無理からぬ事です。


        

       浅間神社が、とくに富士山の見える関東・中部地方に
      多く見られるのも、この為と思われます。

       特に有名な神社としては、
      静岡の「富士山本宮浅間神社」があげられます。


        


       浅間さまの御祭神は、
        木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
       大山祇神(おおやまつみのかみ)という尊い神さまの
       御子神(みこがみ)さまです。

      
    富士山の麗しい姿に、木の花(さくら)の咲くような美しい
     神さまがお鎮まりになるという人々の信仰がよく窺われます。

     「浅間」は、古くは「アサマ」とも呼び、湧水の流れる様を
      表した言葉で、農作物の豊かな事を感謝する信仰から
      生れたものといわれます。

      浅間さまは、全国に約千五百社あります。

         櫻 神社(石巻市中野鎮座)

                      
         兼務社の中に「櫻 神社」があります。

     

     

         


             御祭神は、木花咲那姫尊です。
        

     今日も、一日の枠の中で、励みます。
                                宮司

    - | permalink | - | - | - |